【ロンポスとは】スマホの代わりに携帯に便利なパズルゲームを

5歳の長男にスマホでは無くロンポスを手渡してみました。
畳むと手の平サイズのコンパクトな知育パズルゲーム
子どもだけでなく、大人も楽しめる頭脳ゲームのおもちゃです。
無理なく楽しみながら、子どもの地頭力を鍛えます。

長男がロンポスで遊ぶ様子を動画にとりました。次男の声が少し気になりますが(汗

参考記事
4歳が初めて遊ぶ【ロンポス】にはこの種類がおすすめ

子育ての必需品となりつつあるスマホ

子育てにおいて、スマホは頼れる心強い存在
育児に関する調べごとだけで無く、泣く子の機嫌をとる、気を引く為に便利なアプリも沢山あります。
出先で機嫌を損ね子どもが騒いで困る時だけでなく
家で家事に追われている時にも、スマホを渡せば静かに遊んでいてくれます。
便利すぎてついつい頼りっぱなしになってしまいがちです。

子供も大人もスマホに夢中

夢中になるのは子どもだけではありません。
電車で社内を見渡せば、スマホの画面を見つめている人ばかり
手の平サイズの便利な端末をもう手放せません。
テレビではスマホゲームのCM
大人から子供まで夢中です。
私もスマホゲームをすることがあります。
話題のゲームを知ると、好奇心でやってみます。

我が家の子どもとスマホゲームの悩み

現在6歳の我が家の長男は
スマホで動画を見たり、ゲームをすることに慣れきっています。
静かにしていて欲しい時は、つい手渡してしまうのですが
そんな状況に日頃から漠然とした不安がありました。
考えてみれば、自分がゲームをする時
単調なゲームなのに、時間を忘れて長い時間続けてしまう
それでも私は大人なので「ゲームをやりすぎた」と自覚することができますし、自分で制御することもできます。
しかし子どもはどうでしょうか。
子どもが自分で制御することは難しいです。
スマホで遊ぶわが子を見て心配なのは、スマホゲームや動画は単調で受動的な点です。
スマホでは無いゲームなら少しは違うのでは無いか?
勉強になるような知育玩具であれば、子どもの発達の為にも良いのでは無いか
そう考えていたところで見つけたのがこちらの商品です。

脳を育てるパズルゲーム『ロンポス』


書店で見つけたこのロンポスというパズルのおもちゃ
畳むと手の平サイズ、持ち運びにも便利なコンパクトサイズです。
サイズ比較の参考にけん玉と並べてみました。

これを購入したのは、長男が年中の時でした。
早速息子に渡したところ、面白がって使ってくれました
説明書兼問題集の一ページ目です。
脳を育てる効果が6つあると書かれています。

  1. 考える力を鍛える
  2. 想像力を育てる
  3. 色彩感覚を育む
  4. 集中力を上げる
  5. 指先の感覚を育てる
  6. 観察力を強くする


ピースの数はたった12個だけ。
色と形の異なるピースを埋めていくというシンプルなパズルゲームです。
これがよく計算されつくしていて
何通りもの異なる配置ではめ込んでいけるように作られています。

ロンポスの遊び方

問題集はレベル1からスタートして、徐々に難しくなっていきます。

1.問題集の指示する通りにパズルをはめこみます。
2.はてな(?)の部分は、残りのピースを使ってぴったりにはめ込めるように自分で配置を考えます。
簡単そうにみえますよね。
レベル1は残されたピースが2つだけなので、すんなりできました。

レベル1だけで合計12問。
レベル2、レベル3へと進んでいくと、残されるピースの方が多くなり
最終的には

埋まっているピースが2つだけになってしまいました。

ロンポス コズミッククリーチャー120
120の数字は問題数でしょうか

子どもだけでなく大人も楽しめるパズルゲーム

レベル1から始めた息子は、カチっとぴったり埋めることができる達成感からか、夢中で遊びだしました。
さすがにレベルが上がるにつれて難しくなってくると
「お母さんやってー!」と私の元に持ってきたので、私も挑戦しました。
(こうじゃないな、これだと最後のピースが埋まらないし…)
そんな風にパズルのピースをはめては並び替えて、向きを変えてあれこれやっていると
ぴたっ!
これは!大人でも楽しめます!
次男出産のための里帰り中に長男が遊べるように買ってみたのですが
荷物になるような物は極力持ち込みたくないと考えていた中みつけた、ちょうど良いおもちゃでした。
これを見た私の母は
「おばあちゃんに買ったジグソーパズルより良さそうだね」
と言っていました。
高齢者の介護施設に置いてもいいかもしれませんね

外出時も便利なコンパクトサイズ

遠出する時は、できるだけ息子に持たせて出かけます。
テーブルとイスさえあれば退屈せずに遊んでいられます。
新幹線の移動中にも良いのですが
乱暴に扱うと「カチャカチャ」と音がするので注意が必要です。
ピースも蓋の部分にのせておけば落ちないのですが、何かの拍子に落とさないように気をつけて遊んでもらいたいですね。

まとめ

先日、これで遊んでいる息子の様子を見たていたら知らぬ間にクリアできるレベルがupしていました。
徐々に難易度が上がるので集中して夢中になれるようですね。
このパズルゲームは形を認識して、考えて、予測して、行動する、一連の能力を鍛えることができます。
これなら親も安心して子どものゲームとして見守ることができます。なにより子どもが楽しんでくれるのが嬉しいです。

私は書店で購入しましたがAmazonや楽天にも同じ金額で売っていますね。

amazon プライム会員で送料無料で買うなら↓

楽天のお買い物でポイントを貯めている方は↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロンポス コスミッククリーチャー120[本/雑誌] / 永岡書店編集部/編
価格:1728円(税込、送料別) (2018/2/23時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする